MENU

ACCLAIM - アコライム -

日本初「Five Phyto CEL」を高配合。  ”作用””結果”を追求する事にコンセプトをおき、複数の医師、大学関係者、博士、美容家の知識・技術・特許を集約し開発されています。アコライム全品のベースは通常の化粧品とは異なり指定農園に採取されたセンチフォリアバラ花水(野生種)を使っています。  標高2,500m以上の山の麓の農園で大切に栽培されているバラの花を、日の出とともに採取をしその日のうちに蒸留釜で蒸留した貴重な天然成分です。  さらに厚生労働省の残留農薬・添加物等検査、清涼飲料水成分規格をもクリアしています。(肌への作用として、リラックス効果と保湿、殺菌作用が期待できます)野生種のバラがもつ有効性  深海の水、還元水素水、クラスター水などスキンケアアイテムのベースを1年に渡り、徹底検証いたしました。  結果、多くの研究結果がある(ホルモンへの働き、整肌作用、ブドウ球菌、連鎖球菌、ジフテリア菌などへの殺菌作用)を有する野生種のバラ水を採用しました。

日本初「Five Phyto CEL」を高配合。
”作用””結果”を追求する事にコンセプトをおき、複数の医師、大学関係者、博士、美容家の知識・技術・特許を集約し開発されています。

アコライム全品のベースは通常の化粧品とは異なり指定農園に採取されたセンチフォリアバラ花水(野生種)を使っています。
標高2,500m以上の山の麓の農園で大切に栽培されているバラの花を、日の出とともに採取をしその日のうちに蒸留釜で蒸留した貴重な天然成分です。
さらに厚生労働省の残留農薬・添加物等検査、清涼飲料水成分規格をもクリアしています。(肌への作用として、リラックス効果と保湿、殺菌作用が期待できます)

野生種のバラがもつ有効性
深海の水、還元水素水、クラスター水などスキンケアアイテムのベースを1年に渡り、徹底検証いたしました。
結果、多くの研究結果がある(ホルモンへの働き、整肌作用、ブドウ球菌、連鎖球菌、ジフテリア菌などへの殺菌作用)を有する野生種のバラ水を採用しました。

アコライム7つのテクノロジー

圧倒的な有効成分濃度

植物から有効成分を抽出する際に純水を除き、ほとんどが有効性があり、有効成分の含有量は他の追従を許しません。(弊社指定有効成分90~95%)

※一般的な化粧品メーカーではポリソルベート等も有効成分として換算しておりますが、弊社では有効成分として換算しておりません。仮に一般的な換算方法であれば98~100%の濃度となります。

特殊なナノ技術を使用

弊社の協力会社(大学発ベンチャー)が有するナノ技術です。
角質層への浸透性が非常に高く、肌馴染みに非常に優れています。
また、ダウンタイムが非常に短いです。

国内初植物幹細胞8種配合

植物の有効成分を科学し植物の幹細胞を培養・処方する事が大変注目されています。(腐らないリンゴの細胞エキスなど)アコライムにはリンゴ培養細胞から得られたエキスだけではなく合計8種(クィーンフィトセル、不死の花、サポナリアプミラ細胞の幹細胞を含む)の植物細胞を安定処方し美容業界でもっとも重要視されている幹細胞を守り育てる事による総合エイジングケアを目指しています。さらにELP.Laboとの研究を推し進め、九州大学で特殊な植物の幹細胞の培養、化粧品原料(INCI登録)を目指しています。 この細胞を培養できる技術力は、ACCLAIMの品質を牽引しています。 ※培養技術を有さず化粧品原料を微量添加しただけの模倣品、コピー品(化粧品)について、弊社は何ら技術提供はしておりません。ご注意いただけますようお願い申し上げます。2013.10 弊社調べ

植物の有効成分を科学し植物の幹細胞を培養・処方する事が大変注目されています。(腐らないリンゴの細胞エキスなど)

アコライムにはリンゴ培養細胞から得られたエキスだけではなく合計8種(クィーンフィトセル、不死の花、サポナリアプミラ細胞の幹細胞を含む)の植物細胞を安定処方し美容業界でもっとも重要視されている幹細胞を守り育てる事による総合エイジングケアを目指しています。

さらにELP.Laboとの研究を推し進め、九州大学で特殊な植物の幹細胞の培養、化粧品原料(INCI登録)を目指しています。
この細胞を培養できる技術力は、ACCLAIMの品質を牽引しています。
※培養技術を有さず化粧品原料を微量添加しただけの模倣品、コピー品(化粧品)について、弊社は何ら技術提供はしておりません。ご注意いただけますようお願い申し上げます。

2013.10 弊社調べ

3W-Beaute ホワイトニングシステム

ハーブ療法を徹底的に科学し処方テストを繰り返す事で、ハーブ成分の複合処方(コンプレックス処方)における肌への効果を徹底的に検証いたしました。 また「"キネシン※」へのアプローチに有効といわれる有効成分の選定を実施しています。※メラノサイトの核の側で産生されるメラニン色素は微小管を通り細胞壁まで運搬され、表皮細胞へと送り届けられます。運搬にはキネシン(細胞質中に含まれるモータータンパク質の一種)が関与しています。 ホワイトニングシステムとは グラブリジン(カンゾウ由来)、アギ根エキス、シムホワイト(ヨーロッパアカマツ由来)を複合ナノ化、相乗作用に着目しバランス良く処方しています。 その他、補助成分としてビサボロール、α‐アルブチン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどを配合しています。 美容業界ではトラネキサム酸の安定処方も実現しています。

ハーブ療法を徹底的に科学し処方テストを繰り返す事で、ハーブ成分の複合処方(コンプレックス処方)における肌への効果を徹底的に検証いたしました。
また「”キネシン※」へのアプローチに有効といわれる有効成分の選定を実施しています。

※メラノサイトの核の側で産生されるメラニン色素は微小管を通り細胞壁まで運搬され、表皮細胞へと送り届けられます。運搬にはキネシン(細胞質中に含まれるモータータンパク質の一種)が関与しています。
ホワイトニングシステムとは
グラブリジン(カンゾウ由来)、アギ根エキス、シムホワイト(ヨーロッパアカマツ由来)を複合ナノ化、相乗作用に着目しバランス良く処方しています。
その他、補助成分としてビサボロール、α‐アルブチン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどを配合しています。
美容業界ではトラネキサム酸の安定処方も実現しています。

3A-Beaute アンチエイジングシステム

レスベラトロール
強力な抗酸化作用を持つレスベラトロールは、細胞を傷つける活性酸素を除去する働きが認められており。レスベラトロールには高い血流促進作用により血管を若返らせる働きも持っています。

フラバンジェノール
非常に強力な天然の抗酸化物質で、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上の効果があるという研究結果もあります。また、ビタミンCやEの生理活性効果を上げ、抗酸化物質として体内の血管を守り、皮膚の損傷(老化)、各種炎症、その他活性酸素によるダメージから細胞を守る働きをします。

フェルラ酸(純米/特許)
天然物質(純米に存在するポリフェノール)で唯一、紫外線から肌細胞を守る紫外線吸収作用と抗酸化作用を併せ持つ成分です。

※その他、レチノール(ビタミンA、修復のビタミン)、チャ葉エキス(抗酸化)などを配合しています。

3GF-肌を強化するための成長因子

■EGF(表皮細胞増殖因子/ノーベル賞受賞)
■FGF(線維芽細胞増殖因子)
■TGF(コラーゲンとエラスチンの構成強化)

ヒートショックプロテイン

植物にあえて、紫外線ストレスを与えて得たヒートショックプロテイン(サッカロミセス培養エキス)を処方。
蛋白質の超分子複合体(細胞外マトリックス)合成促進するといわれています。

※化粧品原料の説明で一般的に述べられている事であり、効能効果を保障するものではありません。

ITEM LINEUP - 商品紹介 -

  • item_17ACCLAIMの浸透性を阻害しないように考えられたメイクアップリムーバーとなります。適度な洗浄力で肌を柔らげながら肌表面を整えてくれます。
    ※ジェルタイプとなりますのでエクステをご利用になさっている人もご利用になれます。
    ※目元用の化粧品をご利用の際に、メーカーにもよりますがアイメイクリムーバーが必要な場合があります。

    ご使用方法
    手のひらに2~3プッシュし、水またはぬるま湯を加え泡立てます。
    泡で顔を包みこむようにして洗った後丁寧に洗い流してください。
    ※あぶらっぽい肌の人はぬるま湯で、乾燥しやすい人は水またはぬるま水(34℃以下)で洗い流してください。

  • item_19アコライム ボーテ デ ウォッシャー 美白のシンデレラタイムを持続させることにコンセプトをおいた洗顔料であり(洗浄により)ニキビ、汗疹を防ぎます。

    さらに、京都大学、大阪市立大学(ベンチャー)、ELP.Laboで共同開発された「Human.C」を日本ではじめて配合した製品です。

    ご使用方法
    手のひらに2~3プッシュし、水またはぬるま湯を加え泡立てます。
    泡で顔を包みこむようにして洗った後丁寧に洗い流してください。
    ※脂っぽい肌の人はぬるま湯で、乾燥しやすい人は水またはぬるま水(34℃以下)で洗い流してください。

  • item_23美容液の濃度(有効成分含有量90%以上)で、ナノ化技術によりべとつきなく使用できるように処方しております。
    うるおいを与えると共に、使用感もとても良く肌質を問わないローションです。肌内部から輝く肌へと導かれていかれるのが感受できると思います。
    また、常在菌(善玉菌的なもの)の繁殖を助け、ニキビなどあらゆる肌トラブルに負けない肌へと導きます。

    ご使用方法
    手のひらに4~5プッシュし、うるおい成分を肌の内部へ入れ込む要領で、手のひらで顔全体を包み込むようにハンドプレスします。

  • item_24TECAをもっとも含有させ、各種有効成分、5種類の幹細胞(植物)をナノ化し濃縮したプレミアム美容液です。
    肌に潤いを保たせ10年前の肌質感へと導いていかれるような感覚に感動いただけるでしょう。

    ご使用方法
    手のひらに2~3プッシュし、目の周り、鼻筋、口元にも丁寧になじませ、最後に年齢がでやすい首筋にものばします。
    その後、手のひらで顔全体を包み込むようにハンドプレスします。

  • item_27セラミドコンセントレート、エクストラクトコンセントレートを活用したクリームとなります。
    吸収させるだけではなく、皮膚を保護(育む)することにコンセプトをおいています。
    適度な水分、油分を補い柔軟性を保ちます。
    ※インフィニット、ヴィーナス使用時は必ず一緒にご使用ください。

    ご使用方法
    通常パール大を使用しますが、重大な肌トラブルをお持ちの方はインフィニット使用時の3日間はさくらんぼ大を目の周り、鼻筋、口元にもなじませ、最後に首筋にものばします。
    その後、手のひらで顔全体を包み込むようにハンドプレスします。

  • item_28ご家庭でできるハーブ療法。植物の可能性に着目し、ナノ技術を用いて浸透率を飛躍的に向上させた美顔機ともいわれる美容液です。
    ローション、セラム、クリームとの併用で肌をひきしめながら皮膚にうるおいを与えます。

    ご使用方法
    ポイントケアに適量ご使用ください。
    (1プッシュが目安です) ※目の周りへの使用時は、アコライムボーテデクリームで希釈してお使いください。

  • item_31セラミドコンセントレート、エクストラクトコンセントレートを活用したクリームとなります。
    セラミドコンセントレート、エクストラクトコンセントレートを活用したクリームとなります。
    吸収させるだけではなく、皮膚を保護(育む)することにコンセプトをおいています。
    適度な水分、油分を補い柔軟性を保ちます。
    ※インフィニット、ヴィーナス使用時は必ず一緒にご使用ください。

    ご使用方法
    ポイントケアに適量ご使用ください。(1プュシュが目安です)
    ※通常のアコライム10日間コースを行った後、使用を開始ください。

  • item_32アコライムシリーズの最高峰に位置するクリーム状美容液です。
    透明感、ハリ感など他を凌駕するパフォーマンスを発揮します。
    さらにヒューマン.Cに続き、九州大学、研究機関、ELP.Laboとの共同開発に成功したボヌールエボーテコレクションのオリジナル植物幹細胞成分「クイーンフィトセル」を配合しています。

    ご使用方法
    適量を気になる部分に塗布し、良くなじませてください。

  • item_35同時2色発売(ナチュラル&ライトオークル)
    肌への負担を科学し、美容液、乳液、化粧下地、カラーコントロール、毛穴カバー、日焼け止めの6つの機能を有する多機能CCを開発いたしました。

    また、化粧崩れを軽減させるために「オイル エクスポートテクノロジー」(オイルを揮発させペプチドなどの整肌成分を密着)と「プリズム テクノロジー」を付加させています。
    日焼けを防ぎ、日焼けによるシミ、そばかすを防ぎます。

    SPF、PA値は、最もご利用頻度の多い日常使いに設定し、最も優れていると判断した数値に調整しております。
    お肌への負担が少なく、CCだけで夏場(日本国内)も安心してお過ごしいただけます。

    ※CC・・・コンビネーションクリームの略称
    ※SPF15 PA+

    ご使用方法
    長時間のレジャー、スポーツ、海水浴の際など限定されたシーンでは、こまめに塗付いただくか、もう少し高いSPF・PA値が記載されている品(試験済の化粧品)をおすすめします。
    真夏の海外旅行(ハワイなど)の際は、箱などにSPF、PA値が明記されている品をお選びください。

  • item_36
    その真価は使用後の肌の張り、透明感を長時間増大させ 「18歳~25歳の皮膚環境のような“凛(りん)としたさらっと感”」 を持続させることにあります。
    日常の使用はもちろんフェイシャルトリートメント、ボディートリートメントの仕上げにも素晴らしい作用を発揮することでしょう。

    ご使用方法
    1日数回に分けてお顔、または毛髪・全身にご使用ください。張り過ぎが気になる人は、クリームの前にご利用ください。

2015 © louiserever